冷え・肩こり

冷えになってしまう原因は、日常生活において、体の代謝が悪くなってしまうことが原因です。血流が悪くなってしまい、体に上手く酸素や栄養素が行き渡らなくなり、そして体温が低下してしまうのです。これらを改善するためには、生活で冷えになりやすい習慣をやめることが必要になります。 体温の調節が上手くいかなくなってしまう原因は、運動不足にあります。これは運動をすることにより、心肺機能を向上させ、血液の流れを良くする働きがあるからです。そのため普段から運動の習慣のある人は、全身の血流の流れが良いために、冷えになり難いのです。 しかし、運動不足の人は、心肺機能が低下しており、血液を送り出す能力が不足してします。そのため血流が不足している場所が増えてしまい、手足に冷えが生まれてしまう原因になるのです。 また同じ姿勢を取り続けてしまうことも原因になります。普段からデスクワークなどを行っている場合には、長時間同じ姿勢を取りやすくなってしまうのです。その結果全身の血液の流れが悪くなってしまうのです。長時間の同じ姿勢は、筋肉を疲労させてしまう原因にもなります。そして代謝物が蓄積してしまい、それが神経を圧迫させてしまうのです。特にデスクワークでは、肩に代謝物が溜まりやすくなってしまいます。これが肩こりの原因となってしまうのです。 同じ姿勢でい続けてしまうことは、冷えを起こすだけではなく、肩こりの原因にもなるのです。そのため頻繁にストレッチや肩回しなどの、体を動かす習慣を身につける必要があります。 食生活の乱れも冷えに悪影響を与えてしまいます。特にビタミンが足りていない場合には、体内のエネルギー不足になってしまいます。人間の体は、体温を上昇させるためには、脂質が必要です。しかし、単純に脂質を摂取するだけでは、エネルギーとして使用されないのです。脂質をエネルギーとして消費するためには、ビタミンが必要なのです。そのため野菜不足であると、ビタミンが不足するので、冷えの原因になるのです。

Page Top