不調はどこから

ぽっちゃりって肥満なのか

2014/07/14

最近、ぽっちゃりさんモデルが流行しています。 芸能人でもぽっちゃりしている人も多いですし、専門の雑誌やカタログも発行されているようです。 よく男性がぽっちゃりした人が好きだと言いますが、この意味は少しふっくらしたタイプのことを言い、太っている人のことでは無いようです。 実際はかなり太っている人も多く、体重が100キロオーバーの人でもこのような言い方をするケースもあります。 今はぽっちゃりが流行っているから、このままでいいやと思っている人も多いのではないでしょうか。 しかし、太っているということは、肥満と同じことであり、いろんなリスクがあるのです。 例を挙げれば、肥満の人は疲れやすく、常に倦怠感があったり、糖尿病や心臓病にかかるリスクを大きくしたりすることもあります。 また、脂肪が蓄積されると、わきがなどの症状の原因にもなります。 そのため、出来れば痩せることをおすすめします。 肥満の解消としては、やはり食事の見直しが大切です。 コレステロールを少なくして、野菜や果物を中心に食べるようにしましょう。 また、肥満になる人の多くは、運動不足が多いのです。 毎日軽くマラソンなどを行い、健康な身体を作りましょう。

頭痛も怖い

2014/07/14

もう十数年頭痛に悩まされています。 週に一回は必ず頭痛が起こり、ひどい時は吐き気を伴い戻してしまう程です。 昔から肩こりがひどいのと、こってりした物や、甘い物だ大好きで、食生活にあまり自信がないので、血流が悪いのが原因かもしれないと思い、食事生活を改善し、血液をさらさらにしてくれるお酢のドリンクや、サプリなど色々試してみましたが未だに治りません。 今までは頭痛が起これば市販薬を飲んで、しばらく眠るとよくなっていました。 しかし今は授乳中で市販の薬が飲めませんし、具合が悪いからと言って横になっておく事もできず、ただただ痛みに耐えるしかありません。 またいつ頭痛が起こるか怖くてたまりません。 頭痛にも種類があり、片頭痛や、緊張型の頭痛など、人によってさまざまのようなのですが、自分自身がどちらの種類なのかもはっきり分からない状態なので、一度専門医に観てもらおうと思っていますが、なかなか時間がとれず今に至ります。

ふとももとふくらはぎを鍛えよう

2014/07/14

長年冷えやむくみに悩んできました。冷えやむくみに悩んでいる女性は多いと聞きますし、私自身もそれは体質のせいでどうすることもないと諦めていました。ですが、ある日そんな冷えやむくみは、「ふとももやふくらはぎを鍛えることにより改善する」といった記事を目にしたのです。下半身には全身の7割近い血液が集中していると言われています。運動不足や日々の疲労などによって血行不良が生じると、これよりも多くの血液がふとももやふくらはぎなどの脚に留まってしまう状態を引き起こし、それが全身を循環する血液が減少して、冷えやむくみを引き起こすということがわかったのです。それを知ってから、ふとももなどをマッサージするように心掛けています。マッサージはふとももを揉むようにして、バスタイムやテレビを見ながらリラックスして行なっています。また、オフィスでは出来るだけエレベーターを使わずに階段で移動するようにしたり、休日は近所を散歩したり、公園でウォーキングしたり歩くようにしています。こうしたことによって、血液の循環がよくなって、冷えやむくみが随分解消されてきたことを実感しています。ふとももやふくらはぎを適度に鍛えることの大切さを知り、これからも無理のない範囲で継続して行なっていこうと思っています。

Page Top