わきが・加齢臭

わきがはアポクリン腺という汗腺の一種から分泌された汗が、毛根に生息している細菌により分解された事で作りだされた物質による症状の事です。わきがと名付けられていますが、アポクリン腺は、脇の下、耳の後ろ、乳首や性器の周辺、肛門等に分布しています。このために、これらの部分からも臭いが発生する事になります。日本人では約10パーセントの割合で存在している事が報告されています。 これに対して、加齢臭の原因物質は皮脂腺から発生します。皮脂が酸化する事により生産される物質で、中年期以降に増加します。わきがの原因であるアポクリン腺が特定の部位にしか存在していないのとは異なり、皮脂腺は体全体にあります。このために、加齢臭は全身から発生するという事になります。 この二つの症状は、臭いも原因も異なっています。わきががアポクリン腺の活動が活発になる成長期以降に発生する症状であるのに対して、加齢臭は皮脂が酸化されやすくなる中年期以降に増加する症状です。両者は違う症状ですが、同時に発生する可能性があります。違う症状であるので、それぞれに対しての対策が必要となります。 アポクリン腺の分量は遺伝により決定されるので、これ自体を本人の努力で改善する事は出来ません。しかし汗腺から分泌される汗自体に強い臭いがあるのではなく、毛根に生息している細菌に分解される事で生産される物質が直接の原因です。細菌が生息し難い環境を形成する事により、臭いをある程度は減少させる事が可能です。清潔な状態を保つというのが、予防となります。 加齢臭の原因物質は、体内の健康状態と関係しています。体を酸化させる原因は、活性酸素が増加する事が直接の原因となっているからです。活性酸素は細胞に対しての攻撃を行い、老化を進行させます。活性酸素を抑止する事を抗酸化作用と言います。抗酸化作用があるビタミンE等の栄養素を補給する事により、体の内側から原因を改善するのが具体的な予防策につながります。

Page Top